Minisforum UM560 レビュー

8年ほど使用したサーバをぼちぼち置き換えようという事で、省電力なデスクトップPCを組もうかなと思っていた矢先、Minisforum「UM560」という良い感じ小型PCが発売されたので速攻購入しました。カスタマイズは「メモリ 16GB」「SSD 512GB」となります。ベアボーンにするとOSが付かない割に値引きがそこまで大きくないので、この組み合わせが一番お得なのではないでしょうか。

Minisforum UM560

給電がUSB-C PD (Power Delivery)

UM560最大の特徴と言えば、電源の供給がUSB-C PD (Power Delivery)である事でしょう。いわゆる省電力ノートPCでは当たり前ではありますが、デスクトップPCでこの給電方式はありそうでなかったポイントです。

65WのGaN電源アダプターが付属していますが、非常に小さく取り回しが良いです。その気になればモバイルバッテリーでも駆動可能でしょう。

付属の電源アダプタがとにかく小さい

拡張性も十分

小型PCという事で気になる拡張性ですが、なかなか充実しています。前面にはヘッドホン端子とUSB-C x 2 (うち一つはディスプレイ出力専用) が実装されています。ディスプレイ出力専用という点が液タブを使用する方にとっては気になる点かもしれません(データと映像を1本でやり取り出来ない)。

前面の端子群

背面は給電用のUSB-C PD (ディスプレイ出力兼)、2.5G LAN、USB3 x 2、HDMI x 2、USB2 x 2があります。LANが2.5Gなのはサーバ用途としては嬉しいところです。

背面の端子群

また無線系としては「無線LAN (WiFi6)」「Bluetooth (LMP 5.2 (0xb))」が実装されており、2022年8月時点では最新に近いバージョンとなります。

AMD Ryzen 5 5625U は十分にパワフル

筆者はサーバ用途で購入したので性能はそこまで追求していませんでしたが、購入時にWindow11がプリインストールされていましたので試しに使用してみたところ、4K環境でも非常にサクサク動作してました。youtubeで4K動画などの再生も試してみましたが余裕をもって再生出来ています。

Windows11がプリインストール

参考までにこれまで使用していたサーバに載っていたCPU「intel Core i3 4130T」と比較してみました。(参考 : AMD Ryzen 5 5625U vs Intel Core i3-4130T @ 2.90GHz [cpubenchmark.net] by PassMark Software)

シングルスレッドで2倍弱、マルチスレッドで5倍弱の性能、それでいて消費電力は半分以下になっています。9年前のCPUと比べるのも酷ではありますが、時代の流れを感じます。

省電力タイプだが性能は高い

カスタマイズは若干難ありか

本PCは内部に2.5インチのストレージを増設することが可能です。サーバ内のファイル置き場として使用するため増設を試みました。

まずは本体底のねじを外し、蓋を開けてみます。M.2 SSD (intel SSD 660p) とメモリ(Kingston CBD32D4S2S1MF-8) 2枚が見えます。

メモリとM.2 SSDが装着されている

で、取り外した蓋の裏側に2.5インチのSSDを取り付け可能なのですが、ここで一つ問題が。

蓋の裏に2.5インチ SSDを取り付け可能だが・・・

2.5インチSSDを取り付けた状態で蓋を閉めようとすると、M.2 SSDに装着されているヒートシンクと干渉しきっちり閉まりません・・・。使用した2.5インチSSDは「Crucial MX500」とド定番のSSDなのですが・・・。

蓋がきっちり閉まらない・・・

仕方ないのでM.2 SSDをヒートシンク無しでも発熱の少ない「Crucial P2」に差し替える事にしました。「intel 660p」でも多分大丈夫だとは思いますが、Windows11プリインストールされており、メインPCトラブルの際に臨時で使えそうなのでこちらは残すことにしました。

Ubuntuの導入は驚くほどすんなり

Ubuntu 22.04 LTS をインストールしてみましたが、有線LAN/無線LAN/Bluetooth等はインストール直後にしっかり認識しており、追加のドライバインストールを行うことなく使用出来ました。これはうれしい誤算です。発売直後のPCにUbuntuを入れるとLANドライバが無くてネットワークが使えない、なんてのは結構ありますので・・・。4K表示もOKですし音楽再生も問題ありません。

追加のドライバ不要でしっかり動作

Docker入れて旧サーバからWordpress等をお引越し、無事今ご覧になっている本Webサーバが稼働しております。

というわけで「Minisforum UM560」のレビューでした。小型で性能も高く、消費電力低い、取り回しも良いと今のところいいこと尽くめではありますが、ストレージの増設トラブル、また電源やファンの品質については若干不安が残るところではあります。以前のサーバは8年間動き続けていましたので、果たして同じ年数動き続ける事が出来るか、ひとまず様子見と行きます。

Minisforum UM560 製品ページ

「Minisforum UM560 レビュー」への4件のフィードバック

  1. はじめまして
    2週間ほど前に私もUM560(SSD512GB、メモリ16GB、win11)をアマゾンで購入しました。現在のところ快適に使っています。
    新しい製品のためか拡張まで行ったレビューが少ない中で、写真付きのこの記事はとても参考になります。ありがとうございます。
    私もSATAの内臓SSDを増設しようと思っているのですがヒートシンクが干渉する件が気になっています。
    この干渉はCrucial MX500ではなく別の2.5インチSSDを使ったとしても起きそうなことでしょうか。ド定番のMX500の寸法が標準的なものより大きいとは考えにくいので、もしかしたらM2. SSDのヒートシンクが付いている限り必ず干渉してしまうような予感がしています。(M.2 SSDのヒートシンクは設計段階では考慮されていなかったとか。)
    まとまりのないコメントになってしまいすいません。内臓SSDの増設についておすすめの型番や干渉対策について何かアドバイスいただけませんでしょうか。推測でも構いません。どうぞよろしくお願いいたします。

    1. コメントありがとうございます。
      MX500は2.5インチSSDの中では薄い部類(7mm)ですので、これより薄いSSDは恐らく無いかなと・・・。
      標準で装着されていたM.2 SSD用ヒートシンクも厚さ2mm程度と薄型なので、干渉は避けられないかと思います。

      干渉対策は・・・M.2 SSD側のヒートシンクを外すしかないかなぁというのが正直なところです。
      使い方にもよりますが、基本的には「普通に使用していれば」発熱で壊れるような事は無いかと。

  2. アドバイスありがとうございます。
    やはりヒートシンクをつけていると干渉しそうですか。
    海外サイトでレビューを探してみたところ同じように2.5インチSSDの増設で干渉するという情報がありました。
    もう少し薄いヒートシンクに付け替えれば干渉しないかもと考えていたのですが標準で付いているヒートシンクがそこそこ薄型なのですね。
    いろいろとはっきりしてすっきりしました。ヒートシンクを外すか、無難に外付けにするか考えてみます。
    どうもありがとうございました。

    1. ヒートシンクの厚さを図ってみたところ2.5mm程度でした。
      熱伝導シートも挟まっておりさらにゴムバンドが巻かれていますので、
      基盤やメモリ等含んだもっとも厚いの部分で7.5mm程あります。
      これで蓋が2mm程浮きますのでなかなか厳しいですね><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。